不登校による進学への不安を解消する

TOP > 不登校による進学への不安を解消する


不登校でも進学はできる

本来、学校にいかななければならない時期に、お子さんが不登校になって悩んでいる方もいるでしょう。でも、不登校だからといって、進学ができなくなるわけではないです。


■小中学校の不登校

小中学校では、不登校で学校に全然行けなかった場合でも、卒業証書を貰えるようになっています。

これは、すべて校長の裁定によってまかせられているためです。例え、1日しか登校していなくても大抵の場合貰えるようです。

万が一、なんらかのトラブルで貰えなかった場合でも、いろんなところに掛け合うことによってきっと貰えるはずです。


■高校での不登校

高校にいってなくても、大学に進学することができます
詳しくは、ひきこもりから大卒への道で説明しています。


不登校の問題は、学力と対人関係だけ

不登校ひきこもり不登校で、学校にいってなくても、進学できることはわかりました。結局、不登校の問題は学力対人関係だけということにあります。


■学力について

学力は、やる気があれば、学校でなくてもをみにつけることができます。自宅にいながらにして勉強する方法はいくらでもあります。

むしろ、学校にいっても周りが気になって勉強に集中できなければ学力もつきません
実際、学校にいってる人でも、ほとんど授業を聞いていない人もたくさんいます。


■対人関係について

不登校の一番の問題は、他者との関わりを学べないことです。
しかし、もともと、学校に適応できないから不登校になったわけです。
学校にいかせさえすれば、万事オッケーってことにはなりません。

僕は小学校から高校まで、ほとんど休むことなく無理にいってましたが、
専門学校では、心がおかしくなってしまい、ドロップアウトしてしまいました。

間違ったまま突き進むと、どこかで限界がきます。
そして、より深い問題を抱えることになります。

ひきこもりというのは、何かが間違ってるよというサインです。
むしろ、ひきこもりという選択をした子供は、正しい判断をしたといえます。

解決するのは、「学校にいかない」ことでも、「勉強ができない」ことでもなく、
子供がみにつけてしまった「自分は価値がない」という思い込みを解消することです。

子供が自己肯定感をとりもどすことができれば、他者との関係も改善します。
自発性がみにつき、自分で人生を選択できるようになります。


< 軽度発達障害がひきこもりにつながる引きこもり相談・支援をうける >