頭の中身をアウトプットしよう!

TOP過去に掲載していた記事 > 頭の中身をアウトプットしよう!


インプット3割、アウトプット7割が理想

 

脳の活性化やボケ防止には、情報のアウトプットが必要です。ある脳科学者によると、日常生活において、インプット3割、アウトプット7割ぐらいが理想なそうです。

ちなみに、インプットとはテレビやネット、読書などで情報を吸収することです。
そして、アウトプットは、インプットしたことを人に話したり、書いたりして吐き出すことです。

しかし、引きこもるとテレビやネット、ゲームなどの遊びが中心になって、人に物事を伝えることもなくなるため、アウトプットの機会が極端に少なくなります。

逆に、社会人は職業によって差はありますが、コミニケーションや、得た情報を報告したりする必要があるためアウトプットの機会が多いです。

これでは、どんどん社会人との差が開いてしまいます。つまり、引きこもっている人は、積極的に情報をアウトプットする機会を作る必要があるわけです。


情報をアウトプットする機会を増やすには

アウトプットする機会を増やすには、人といっぱいコミニケーションをするのがいいです。しかし、引きこもってる状態だと難しいでしょう。

なので、僕がおすすめするのは、頭の中にあることを文章にして表現することです。かといって、日記やブログを書こうにもネタがないですし、アウトプットできる量も少しです。

■アフィリエイトサイトでアウトプット

僕が提案するのは、情報提供サイトをつくってアフィリエイトをすることです。
僕自身、このサイトを含めて3つぐらいのサイトを運営してます。運営といえるほど、更新はしてないですが月数万円程度の副収入があります。

当然、これだけで一人暮らしを維持できるわけはないですが、実家にいる方なら、親に食事代を渡すことぐらいはできるはずです。なかにはアフィリエイトだけで月収100万円以上稼ぐ人もいます。

まあ、そこまでは、なかなか難しいと思いますが、時間はあるぶん有利だといえます。頭も鍛えることができるので、まさに、一石二鳥の時間の使い方といえます。

ちなみに、僕が推奨するアフィリエイトのやり方は以下の通りです。

1、サイトのキーワードを決める。例えば、このサイトなら”引きこもり”がキーワードです。

2、キーワードに関する情報を教えてgooや、知恵袋、ブログ検索などで調べる。

3、調べた情報をテキストなどに貼り付けて、プリンターで印刷する

4、印刷した情報を頭に入れて文章をノートに書く。もっと情報が欲しい場合は、図書館を利用する。

5、ノートに書いた文章をサイトに写す。ある程度情報量が充実したら、GoogleAdsenseのようなクリック保証広告を貼ったり、A8netアクセストレードバリューコマースなどでサイトに合う広告を探して貼る

7、サイトの検索順位アップや、アクセスアップのための対策をする


こんな感じです。

サイトの作り方とかわからない部分は、Amazonで書籍を買うか、インターネットで検索するといいです。アフィリエイトの仕組みは単純なので、特に勉強する必要はないと思います。

あと、重要なのはパソコンを使う機会はできるだけ減らすことです。
朝からPCを使うと、余計なことをしてダラダラしてしまうので、PCを付けるのは、夕食後以降というふうに決めたほうがいいです。

僕が推奨してるやり方なら、暇なときに文章を書き溜めて、夜にPCを付けてサイトに文章を反映したり、必要な情報探して印刷したりできます。

ちなみに、単に広告を羅列したり、スパムメールを送ったりするような、何のアウトプットもないアフィリエイトは疲れるだけなのでやめたほうがいいです。また、アフィリエイトにはまって1日中パソコンに向かうようなことは、本末転倒なのでやめてください。

僕のこの提案は、ゲームやテレビ、ネット遊びから離れて、アウトプットする機会を増やすのが目的です。大事なのは頭の中身を文章にすることで、アフィリエイトで稼ぐことではないです。これを忘れると、ついついお金儲けに走るりがちになるなので注意してください。

 | 過去に掲載していた記事 >