ひきこもりと薬物療法について

TOP過去に掲載していた記事 > ひきこもりと薬物療法について


ひきこもりと薬物療法について

薬物療法とは、病院で医師から症状に見合った薬を処方して貰い治していく方法です。

メンタル系の悩み(うつ病、不安障害など)なら、心療内科、神経科、精神科などにいって、薬を処方してもらうことになります。

ただ、僕は、自分の経験上、薬物療法を推薦していません。なぜなら、薬だけで心の病が治るとは全く思わないからです。

こういった心の病にかかる場合は、必ず考え方に原因があります。薬だけで治ると思っていると、薬に頼り切ってしまいます。

そのうち、薬なしでは行動できなくなり、最終的には薬漬けになってしまいます。
考え方さえ改善すれば、必ず心の病も打破できます。

ただ、なかには脳の機能を改善して、メンタル的な症状を和らげてくれる効果のある薬もあるようです。だから、あまりにも不安が強かったり、うつ病などで全く行動できない人は、サブとして、薬物療法を利用しながら行動範囲を広げていってもいいと思います。

ただ、薬の量や種類が予定以上に増えてくるようなら、薬に依存してしまっている状態なので注意してください。これだと、精神的に弱くなってしまい、逆効果です。

しつこいようですが、あくまでも、考え方がメインで、薬物療法はサブとして利用することが大事です。僕的には、薬物療法よりも、サプリを利用したほうが副作用もなく、必要以上に頼り切ってしまうこともないのでおすすめです。

 | 過去に掲載していた記事 >