引きこもりから脱出するためのサイト 

 
トップページ
ひきこもりは即行力が足りない


ひきこもり全般において、
僕が足りないと思うものに即行力があります。
即行力とは、読んで字のごとく「即行動する力」です。
例えば、汚いトイレでも、
何も考えずに掃除できる人は即行力があります。

ひきこもりは即行力が足りない
引きこもりに限らず、大抵の人は、こういった大変そうなことは、
「うわっ!面倒くさい」とか「後回しにしよう」とかおもいます。

特に、現代人は頭ばかりつかってるため、
いざというとき間髪入れずに行動することが苦手なことが多いです。

ただ、ひきこもりの場合、行動することが極端に少なく、
頭を動かすことばかりに偏ってるため、どんな些細なことでもぐちゃぐちゃ考えてしまい行動できません。

ちなみに、ひとついっておきたいのは、
混乱した頭で、突っ走るのは即行力じゃありません。
僕も経験あるのでわかるのですが、
引きこもりが、変に勘違いして「これが即行力だ!」突っ走ってしまうと、
クタクタになって「やっぱ、ダメだ、、、。」となりかねません。

即行力とは、冷静な頭で損得なしにサッと行動できる力です。
この即行力があれば、引きこもり脱出も加速します。
なぜなら、人間には「作業興奮」という脳の特性があるので、
面倒くさいことも継続してできるようになるからです。

作業興奮とは、体主導で行動していくうちに、
脳のほうもやる気が沸き上がってくる仕組みのことです。

先ほどもいいましたが、この作業興奮を引き出すには、
面倒臭いという思考を打ち消し、即行動する力が必要です。

逆にいうと、面倒くさいことに対して、
自由に作業興奮をひきだすということは即行力を鍛える訓練にもなります。
また、1週間引きこもり脱出脳チャレンジ頭の静寂を保つなどで、
頭をクリアにすることでも即行力が鍛えられます。

即行力=精神力ともいえますので、どうしても、物事を続けられない、
自分の意志が弱いと感じるといった方には是非実践していただきたいです。
 

 

トップページに戻る

copyright (C) 2006年11月7日~ . 引きこもりから脱出するためのサイトAll Rights Reserved