趣味の力で情熱を取り戻す

TOP > 趣味の力で情熱を取り戻す


趣味のプラス効果は大きい

毎日、情熱をかたむけるものが無く、時々むなしく感じる。かといって、やりたいことも見つからない。そういった方は、”趣味”をみつけてみてはいかがでしょうか?

ひきこもっていて、何も情熱がわかない生活をしていると、どうしても日常に張りが無く、無気力な毎日になってしまいます。そういう人を見て、あなたも魅力を感じることはないでしょう。

趣味をもって、情熱を傾けられるようになると、人目が気にならなくなり、パワーがでてくるようになります。そういう人は周りからも受け入れられやすいです。

趣味は、自分という人間のアピールにもなります。
共通する趣味で話がはずんだり、出会いがうまれることもあります。

趣味によっては、体力がついたり、脳が鍛えられたり、ストレス解消になったり、さまざまな効果があります。人に披露できるぐらいの趣味をみにつければ、自信にもつながるでしょう。


ゲームは趣味になるか?

ゲームは、人の快楽を刺激するようにつくられています。普段、頭を働かせている人には、ほどよい休憩になると思いますが、抑制能力の低い人は、途中でやめられず依存状態に陥ってしまいます。ゲームの世界から抜け出せなくなるネトゲ廃人なども、現代社会の問題になっています。

ひきこもっていて、無気力に陥ってる人は要注意です。
画面に向かっているときは、あまり前頭葉が働いていません。
人との会話が少ない環境にいながら、長時間ゲーム漬けでは、コミュ力は落ちていく一方です。

ゲーム以外の物事を楽しめなくなり、ひきこもりを脱出しようという意欲もなくなります。結果、引きこもり生活を何年もひきのばすことになります。


どんな趣味がいいのか?

趣味になるものは、創作系、音楽系、アウトドア系などいろいろあります
そのなかから、自身に合うものを選ぶといいです。

本業でなく、趣味なので複数あってもいいと思います。
趣味をはじめる意欲もわかないという人は、音読などの脳トレからはじめるといいかもしれません。

1ヶ月ほど音読をつづけることで、脳に体力がついて、多少の面倒くささを乗り越えられるようになります。


趣味のやり方を創造する

趣味は、”上達しなければ”と、かっちりと教本通りに進めようとすると、逆に苦痛になります。趣味自体を楽しむというより、強制されてやってる気持ちになってしまうからです。

趣味の目的は、教本通りに進めることでなくて、楽しむことです。
そのためには、”上達している”という実感も必要かもしれません。ただ、教本通りにやっても、実感が得られなければ、ただのつまらない作業になってしまいます。

主軸は、自分に置いてください。絵を描くのでも、鉛筆の持ち方から始めなくてもいいはずです。まずは、自分が好きなように絵を描いて、上手くいかない所を修正するために、必要なテクニックを学べばいいです。

 もしくは、上手く描くためのテクニックを”自分”で創造するのもいいです。自分の美的な感性を総動員して、”どうすればうまくかけるのか?”自問自答し、創意工夫します。これだと、創造力も身に付きますし、新たな発見を見つける楽しさがあります。

これは絵画だけでなく、いろいろな趣味にいえることです。効率よくやることを考えてつまらなくなるより、楽しくやって、結果的に上達するというのがベストです。

 

本能を呼び覚ます趣味”フレームドラム”

引きこもっていて普段活動していないと、どんどん本能が弱まってしまいます。


そこで、本能を呼び覚ます趣味に、フレームドラムがあります。フレームドラムとは、最も古くからある、ハンドドラム(手でたたくドラムのこと)です。

手で叩くというシンプルな行為、シンプルな音が健全な心を取り戻すためか、音楽療法にも使われています。

片手に持って叩くこともできますし、下に置いて両手で叩くこともできます。僕もやったことがありますが、何も考えず没頭できるので、かなりいい感じです。
音が大きくないのもいいです。

フレームドラムを始めたい方は、楽天などで入手できます。
フレームドラムは、サイズがいろいろあるのですが、両手で叩く(フリーハンド)場合は、12−20インチを、片手で持って叩く(ツーハンド)場合は、12-14インチがいいそうです。

フレームドラムのおすすめ教本は、 フリーハンドスタイルによる フレームドラミング 模範演奏CD付です。フリーハンドのみに絞っていますが、そのぶん深く知ることが出来ます。

その他の、フレームドラムの教本に、4つのベーシックな奏法を学ぶ 模範演奏CD付がありますが、こちらは、4つの奏法に触れているぶん、内容が薄くなっています。
どちらも、プロの打楽器奏者である大久保宙著です。

ぜひ、あなたも本能をよびさますフレームドラムを、趣味として取り入れてみてはいかがでしょうか?


< 語学を学んで世界を広げる子供を引きこもりから脱出させる方法 >