対人関係のコツまとめ

TOP過去に掲載していた記事 >対人関係のコツまとめ


対人の場数を踏んでいこう

対人関係自宅で引きこもり脱出脳をつくることを実践したら、あとは、対人の場数をたくさん踏んでいくことで、引きこもり脱出脳は完成されます。

 もちろん、しばらくまともに人と接してなかったわけですから、最初は不安な気持ちになったりもするでしょう。

でも、その不安な気持ちは人と接することを場数を踏んでいけば、いつのまにか無くなります。 もちろん、最初はできるだけ優しい、受け入れてもらいやすい所からはじめたほうがいいです。

そうやって、一歩ずつ踏み出していけば、そのうち信頼できる友達や彼女もできるはずです。 そしたら、何も怖いものは無くなります。 気がついたときには、何の不安もなく自由に行動できている自分に気づくでしょう。


対人関係の経験をつむ

■対人関係の場へ踏み出す

ひきこもり脱出脳をつくるを実践したら、あとは対人関係の場を経験することです。 とはいえ、いきなり社会の場にでるのは抵抗があるでしょう。 なので、まずは自分を受け入れてくれそうなカウンセリングや無料相談所を見つけ、 1対1の場面から徐々に馴れていくのがいいと思います。

できれば、ソーシャルスキルトレーニングや認知療法に造詣がある所が良いですが、 そうでなくても、自分が受け入れてもらえそうな相手なら大丈夫です。

この相手の顔を見て話を理解し、コミュニケーションを取るという経験は凄い大きな力になります。 恐らく、10年、20年、もしくはそれ以上の間、他人とそういったコミュニケーションが取れてなかったと思うので、人に受け入れられるという経験は、予想以上の変化をもたらす可能性があります。

 これを続けていくと周囲の視線への囚われがなくなり、集団の中でもリラックスして行動できるようになります。

■トークするときのコツ

●とにかくリラックス

トークするときに大事なのは、リラックスすることです。 緊張すると攻撃的になったり、相手の話を理解できない、自分の考えがわからなくなります。 最初は不安や緊張が強いと思うので、感情や身体感覚を観察してください(自動思考を修正するや不安が起きたときはチャンスを参考)。 

更に、不安のレベルを下げるため、できるだけ身体の力を抜いて、リラックスするようにしましょう。 自律神経訓練や瞑想、ヨガなどで、普段からリラックスする感覚を覚えておくといいです。

動作をゆっくりすることも、心に余裕が与えます。 こうして、こっちがリラックスすることで、表情が柔らかくなり、相手にも安心感を与えます。 ぎこちないながらも、最低限の意思疎通はできるでしょう。

ちなみに、目を直視する必要はありません。 あなただけでなく、目を見ていると緊張してきて話に集中できなくなる人はかなり多いです。 なので、鼻や眉の間など見ていれば、相手は自分の話を聞いていると感じますし、 自分も話に気持ちを向けることができます。

●上手くしようとしない

 トークするのに、巷でいわれてるようなテクニックはつかう必要ないです。 ただでさえ緊張しているのに、テクニックをつかって上手くやろうとすると混乱します。

●弱点もありのままにさらけだす

動揺したり不安だったりする思考が浮かんだら、それを相手に伝えるのも良いことです。 例えば、話してる最中に、「相手にどう思われてるのか気になる」という自動思考がでて、 相手の話の内容に気持ちがいかないときはそのことをそっくり伝えます。

そういった自分の気持ちを話すことで、相手もより自分のことに対して理解を深めてくれます。 多くの場合、相手が心を開いて話してくれることで、より親近感がわきます。

対人関係のノウハウは必要か?

対人関係ノウハウ僕は、心が病んでいたとき、人間関係のノウハウを実践しようとしましたが全く意味がありませんでした。

 それどころか、逆に、頭の混乱を招く結果となっていました。いくらノウハウを学んでも根本的な思考回路が駄目では意味がありません。

 また、頭をクリアーにすると、人と接することに対する変な恐怖心がなくなってきます。 物の見方にもバランスが取れるようになります。

恐怖感がなくなって、物の見方にバランスが取れるようになれば、 人間関係も勝手に改善します。

ノウハウを学ばなくても充分やっていけるようになり、 自然と人間関係を良好にするコツも会得するでしょう。 僕も、試しに人間関係のノウハウを買ってみたのですが たしかに学べることもありました。

ただ、一番実感したのは、リラックスして頭をクリアーにすることで、 自然と人間関係を良好にする行動をとれているということです。 対人に対してどうするのかではなくて、 自分の頭の中をどうするのかが一番大事ではないでしょうか?

人間関係を潤滑にするテクニックを学ぶのではなく、 本来の自分を引き出すことを信じて実践することが、 最高の人間関係を築く秘訣だと思います。

 | 過去に掲載していた記事 >